Loading...
               

終活カウンセラー・生前整理アドバイザー2つの資格を持つ「終活のエキスパート」です。

エンディングノートでは解決できない、
「認知症になってしまった時に困らない不動産とお金の対策」は
終活司法書士さまたにお任せください!

何度でも相談無料
終活のエキスパート
相談しやすい環境づくり

ライフステージに合わせた
司法書士さまたのサポートメニュー

終活カウンセラーと生前整理アドバイザー、2つの資格を持つ司法書士だからこそできる
ライフステージとご依頼人にとって最適なご提案です。

ライフステージ1

認知症になる前の不動産とお金の対策

4人に1人は認知症になる時代。あなたの不動産とお金には
さまたオススメの「転ばぬ先の対策メニュー」が必要かもしれません。
認知症になった後からでは手遅れですので、事前に対策しておくことが大切です。

  • 持家や収益アパートの修繕・売却を任せたい
  • 預貯金口座を明らかにし、管理できる
  • 施設の入所費用や医療費などを親の預貯金からあてられる
不動産の売買
相続税対策
資産活用

1つでもあてはまる人はこちら

  • 今は元気だけど、一人暮らしで認知症になったときが心配
  • 認知症になったとき、自分の介護や金銭管理など、
    身の回りの手続きを任せる人を決めておきたい
施設や病院との契約
介護保険の手続き
日々の金銭管理

1つでもあてはまる人はこちら

  • 相続人以外のお世話になった人にも遺産を分けたい
  • 相続人の中に認知症患者、行方不明者がいる
  • 前妻・前夫との子供や、婚外子、内縁の妻に相続させたい
不要な争いを防ぐ
手続きの負担を軽減
自分の意思を反映

1つでもあてはまる人はこちら

ライフステージ2

認知症になってしまったら利用したい

もし認知症などによって判断力が低下してしまうと、
たとえ家族であっても、あなたの不動産やお金を管理することはできません。
財産管理でお困りの方は、ぜひ「さまたの成年後見」をご検討ください。

家族が認知症になってしまい、不動産やお金の管理で困っている方

ライフステージ2
ライフステージ2

あてはまる人はこちらがオススメ

ライフステージ3

不動産やお金の相続が発生したら

何も準備をしないうちに、親が突然他界してしまい相続が発生したら…。
相続した不動産は、名義を変更しないと売却したり担保にすることもできません。
トラブルになる前にぜひ「さまたの相続登記」をご検討ください。

不動産を相続したため、名義を変更しないといけなくなった

ライフステージ3 ライフステージ3

あてはまる人はこちらがオススメ

似ているようで違う
成年後見と民事信託

成年後見

親が認知症に“なる前”に契約

任意後見
任意後見

親が決めた後見人が財産を管理できるが、家裁が選任した任意後見監督人を通じた管理になり、制限がかかる。監督人にかかる費用は1万〜3万円程度。

親が認知症に“なった後”に申し立て

法定後見
法定後見

後見人は家庭裁判所が選任。多くは司法書士など第三者になる。その場合、月1万〜5万円程度の費用がかかる。

民事信託

親が認知症に“なる前”に契約

民事信託

親から委託された子供が「親のため」という目的があれば、ある程度自由に財産管理できる契約形態。事前に契約した財産のみ管理できる。

民事信託

インフォメーション

受付中
申込期限なし

不動産の重要書類整理、ファイリングサービス

不動産の重要書類整理、ファイリングサービス
終了
【参加無料】2019年4月13日(土)

不動産とお金についての認知症対策セミナー

不動産とお金についての認知症対策セミナー

ご相談の流れ

step1

お問い合わせ

お電話、お申し込みフォーム、LINEでいただいた内容をもとに、お悩みを解決するために必要な手続きを明確にします。
また、手続きに必要な書類、手続きの流れ、費用の概算も合わせてご案内いたします。

step2

直接面談による無料ご相談・ヒアリング

ご相談いただいた内容をもとに、手続きのご説明と正式なお見積もりをご呈示させていただきます。
正式な申し込みをいただいてから初めて費用が発生いたしますので、安心してご相談ください。遠方の方は出張もいたしますので、お申し込み時にお問い合わせください。

step3

お申込み・手続きの開始

ご相談ののち、ご提案内容・お見積もり金額等にご納得いただいてから、正式にお申し込みいただきます。必要書類は当事務所までお越しいただくか、もしくは郵送でのやり取りになります。手続き完了まで、お客様をしっかりサポートいたします。

step4

手続き完了・アフターケア

手続きが無事完了しましたらご連絡を差し上げ、書類一式をお渡しします。郵送でのお渡しも可能です。
書類や手続きに不明な点がありましら、ご納得いただけるまでご説明いたします。

ご相談は無料!お気軽に相談ください。

フリーダイヤル:0120-28-5885
夜間相談20時まで(要予約)